2014年11月21日

栗羊羹 郷愁

ドクターX シーズン3 第3話
出ました羊羹。

「日本看護師連合会」の会長役として岩下志麻さんが登場。孫娘の手術に際し、医局へ訪れ届けたものが栗羊羹。

木箱に入っており、
 「栗羊羹 郷愁」 日本橋詠歌堂
 とラベルが貼られている。
ちなみに、日本橋詠歌堂の横に創業・・・三〇〇年とあったのだけど、「・・・」はさすがに読み取れなかった。

そして、中を開けると、
 「至極 栗羊羹」
(ああ、でも、木箱のラベルか木箱の中のラベルかどちらがどちらか分からなくなった)


その、包みを開いているとき、医局の連中「罠か」「罠だろ」・・・・・「古典的だな」などとつぶやく声が(笑)。
案の定、羊羹の下には心付けが・・・・・
いけないことと分かりつつ、皆は札束を期待していたのだけど・・・・・
封書の中には「用心なさいませ」の言葉だけ。
なんと!


はたしてその栗羊羹の味は!?


羊羹ってけっこうなアイテムになるのである。

2014年2月20日

小倉羊羹

ドラマ「戦力外捜査官」6話に登場した羊羹。
つくだ島のお姉ちゃんから届いたという設定。最初、「つるやきせき堂」の羊羹ということで大喜びしていたのだけど、よく見ると「つぶや奇跡堂」の小倉羊羹とあり、な~んだという展開。
物語は有名作家の死をめぐり、作品の真価が取り沙汰される。そのメタファーとして羊羹が使われていたのだ。
販売元が有名だからその羊羹が美味しいのか、そうでなかったら美味しくないのか?

ところで、じつはたしか、2話でも羊羹が登場しているのだな。
それも「たこ焼き羊羹」って・・・・・ 
でもこれ、実際にあるようだ!
「たこ焼きようかん」→ いちびり庵サイト → いちびり庵オリジナル → お菓子・食品の「たこ焼き味」にて。
大阪では有名で、人気商品らしい。
食べてみたいな。
 

2014年1月20日

南下羊羹

昨年放送されたドラマ「リーガル・ハイ」に登場した「南下羊羹」。服部さんがご近所さんへ配るため用意したものだったかな。たしか苦情防止のため。
この「南下羊羹」って、実在するのかなと思ってしまったけど、検索してみたけど無さそうだった。たぶん、これ、ナンカヨウカン、ナンカヨウカン、何か用か、んん? ってことか!?
ちゃんとメモしていなかったから確かではないのだけど、この羊羹、その後もう一度登場したと思う。
 

午い羊羹はじめ

ブログを書くために羊羹を購入すると、食べる前に写真を撮らなくてはと気負ってめんどくさくなり、後回し、そして賞味期限を過ぎてしまう、でありましてドライブ先で羊羹を見かけてもなかなか購入する決心がつかない。ほんとは、お財布が苦しいのでありますが(笑)。それどころか、写真に撮って、食べて、ブログ書いていない羊羹が・・・・・・ ある。ということで、今年はもう少し記事を書こう! と自分を叱咤するのでありました。
ところで手始めに、構想だけしていた「羊羹」にまつわるあれこれをスタートしてみようかと思う。
はじめ、羊羹が登場する小説などを引用してみようと思っていたのだけど、これって、本を読まなきゃ話にならない。2冊候補があるのだけどね。まとめるに至らない。要するに、いろいろ言い訳したけれど、まとめる努力を怠っているわけなのだな。
だけど、「羊羹」のことは頭の中から離れない。そんな中、ドラマとか見ていると、けっこう羊羹が登場することに気がついた。
ということで、シリーズ「羊羹登場」というカテゴリーを作ってみることにした。サイドバーにラベル一覧があるのでそちらからご覧ください。増えますよ~に。
それから、お土産屋さんでみつけたけど、食べる勇気が持てない羊羹などをこっそり取り上げてみたいと思っている今日この頃なのである。

今年は、お正月に購入した「やどり木」ではじまりはじまり。おいしゅうございました。